2020年01月

2020年01月14日 20:00

スタッフ河合です。

 

156日、グランドエクシブ浜名湖にて、講師特別研修旅行が開催されました。

 

20200106_2419361[1]

日本全国から145名の、講師の皆様や講師を目指す皆様が参加してくださいました。


 

 

今年のテーマ「柔軟に」が発表されました。

今年は講師特別研修の中で、テーマのエネルギーを流していただきました。


脳が柔軟になっていくために、今年一年、様々な研修旅行などが開催されます。

 

年頭にテーマが発表されると。。
一年間、JHAS&JCHSに所属する皆様にエネルギーが流れ、
テーマに沿った学びがあり成長していきます。


自分ひとりだったら路頭に迷ってしまうようなことも、
団体で学んでいるからこそ、
あなたの学びは私の学びとなり、
みんなで協力し合って一定方向へと成長させてもらえるのだと思います。。

 

 


20200106_2419309[2]


昨年開催された、11回、すべての定例会や研修旅行に参加された33名の皆様です。
年々増えていきますね。。

私たちスタッフ4名も全員参加させていただきました!



 
いつも最高の笑顔でご挨拶してくださるシェフさんが作ってくださるお食事とってもおいしかったです。

20200106_2419314[1]

20200106_2419315[1]

20200106_2419316[1]

20200106_2419317[2]

20200106_2419318[1]

20200106_2419360[1]


 


 

 

 

昨年一年間で、生徒さんとの出会いが最も多かった3名の講師の発表もありました。


20200107_2419765[1]


左から、掛川校の山内順子さん、東京吉祥寺校の野村圭子さん、藤枝校の梶山まゆみさん
会場からあたたかな拍手がおくられました。。
ご褒美旅行楽しんできてくださいね。



面接も行われました。


20200107_2419766[1]


提携校スタッフの面接を受けられた、磐田加茂校の宮川春香さん。

認定おめでとうございます。石田美紀先生のもとでがんばってくださいね。

 


20200106_2419375[1]


様々な理由があり、提携校再面接を受けられた皆様。

晴れやかなお顔が、皆様のがんばりを物語っていました。

 

 

 

123コマの研修を通して、
講師やアロマセラピストとして大切な姿勢やシステム上の変更、
団体で学ぶすばらしさなどなどなど。。
盛りだくさんの研修になりました。

研修を通じて、またここから心新たに、自らの決めた道に向かって進めます☆




2020年01月12日 17:38

スタッフ河合です。

 

初めての投稿になりますので自己紹介をします!

 

JHASのホリスティックアロマセラピーのレッスンを始めたのは2000年の春でした。

八ヶ岳の麓でペンション経営とアロマセラピスト養成の講師をされていたI先生のペンションにお食事に行き、「ここのアロマは自分を癒すことを大切にしているんですよ」と伺って、「やりたいです」。「では来週から養成コースが始まりますから」とレッスンがスタートしました。

 

癒すということにとても興味がありました。

当時、私は歯科衛生士として働いていました。

歯科衛生になった25年くらい前のこと。。勤務先の病院長は、歯科衛生の大切な仕事は、患者様が自分の歯や歯肉の健康を守れるようにサポートすること。として、予防歯科に力を入れていました。

患者様の家庭環境や生活習慣にも踏み込んで懸命に向き合って、5年ほど経ったころ、私は大きな壁を感じて立ち止まります。食生活が直結する口腔内ですので、心の乱れは食生活へ、虫歯へとつながることから、歯科衛生士としての限界を感じたのでした。

健康には心の癒やしが不可欠なのだと、癒しが大切なのだなと思いました。。アロマに出会ったのはこういう時でした。

 

1回のレッスンがともかく楽しくて、ただただアロマのお話を聞くのが楽しみで夢中でレッスンに通いました。JHASの精油のすばらしさに魅了され、精油を使うことが楽しくて、エネルギーの法則を学んでからは自分を癒すことに夢中になりました。

2年間のレッスンが終わる頃、結婚が決まったことから歯科衛生士を退職することにしました。

ディプロマ試験の後に、結婚、そして、八ヶ岳校のスタッフとして迎えていただき、提携校スタッフの面接も受けさせていただきました。

その後、八ヶ岳校の転居によって蓼科校に移りました。

蓼科校スタッフの頃、ゆりあ先生に声をかけていただいて、クリスタルの洗浄のお仕事をお手伝いさせていただいたのがきっかけでした。
2005年秋のことです。

はじめのうちは蓼科校のスタッフと並行してお手伝いさせていただいていましたが、やがて蓼科校卒業を伝えていただき、本校のスタッフ一本になりました。

 

癒すことに惹かれてはじめたホリスティックアロマセラピーは、養成コースのレッスンに通いはじめた時から、ずっとずっと、ただただアロマが大好きで、学ぶことが嬉しくて、もっともっとと、このエネルギーに魅了され続けてここまできました。

ホリスティックアロマを学んでいる皆さんは、自動的に癒やしのベルトコンベアーに乗っています。。数年前の定例会でゆりあ先生から教えていただきました。
ほんとうにその通り~癒やしのベルトコンベアーのおかげで、大変だった母との関係や、中高生の頃からひどかったアレルギー性鼻炎、白黒つけて裁いたり頑なな性格、主人との危機的な関係、愛犬ルカの愛の代理の流れ。。どれもホリスティックアロマセラピーを学んでいなければ、向き合うことも癒されることもなかったと思っています。

 

家族は、高校の同級生だった主人と、女子高生を満喫中の娘と、愛犬ルカ、そして義両親と二世帯住宅で暮らしています。

趣味は、いろいろあると思うのですが、変わっているといわれ続けているのは、歯磨き。私の歯磨きの時間は異様に長いみたいです。

初めての社員旅行で、他のスタッフたちとお部屋を同室した際、歯磨きしながら寝ていたと驚かれました。。そんなに驚くことではないと思った私が変だと、今は気づいています。1時間くらい歯磨きしていますが、今は歯磨きしながら寝ません。

ただ、愛犬ルカは、歯磨きされながら寝てしまいます。毎晩30分位歯磨きしているのですが、大抵寝てしまいます。寝た頃を狙って、奥歯とか歯の裏とかの嫌がるところを磨いているともいいます。。

 IMG_6091

イタリアングレーハウンドのルカは、唾液の分泌量が少な、自浄作用(自分で自分をきれいにする力)が低いので、歯周病のリスクがとても高いです。

ちなみに、自浄作用が高いか低いかは、個体差もありますが、犬種差があるようです。

おもちゃを噛み噛みして遊ぶと、あっという間におもちゃが唾液でぐっちょりになる場合は自浄作用が相当高いです。飼い主様の歯磨きが多少いい加減でも、獣医に歯磨きがんばっていますねと褒められます。

おもちゃをどれだけ噛み噛みしても、たとえそれが布製のぬいぐるみであっても湿りもしないような場合は、自浄作用は相当低いです(←ルカはこれです)。歯周病になりやすいといわれているワンコの皆様は、唾液の分泌量が少ない=自浄作用が低い子たちです。飼い主の歯磨きがものをいうので、がんばりどころです。

 

犬の歯磨きをするときは、人間の子供にするように、足の間に仰向けに寝る訓練からはじめて、次に歯ブラシをみせて、口の中に入れるだけでも褒めてあげる、次に歯に歯ブラシをあてられたら褒めてあげる、そうして徐々には歯磨きをさせてくれる場所を増やしていくのがいいと思います。

人間の子供にもいえることですが。。歯磨きは大切ですが、だからといって、大好きなお母さんや飼い主が、怖い顔をしたり強い力で押さえつけ続けたり、痛みを与えてしまったら、歯磨きは怖いものになってしまいます。優しい声色で言葉をかけながら、できたことは褒めてあげながら、時間をかけて、歯磨きをさせてくれる子に育ててあげてほしいです。

ルカは、基本的に警戒心が強く繊細な性格なので、4歳になった今も歯磨き練習中です。

 

今まで、うちの子は歯磨きをさせてくれないと諦めていた飼い主様、歯ぐきが赤くなっていたり、獣医から歯周病がありますと言われたワンコ様でも、今からでも遅くないですよ。
何歳になっていても、歯周病になっていても、毎日歯磨きをしてあげることで、歯ぐきの色はきれいなピンク色に変わります。歯周病の治療をすることが決まっている場合でも、歯磨きをしてできるだけ炎症が治まった状態で治療をする方が予後もいいです。

 

歯周病は全身病というのは、人間だけでなく、動物たちにもいえることだと思います。。
大切なパートナーたちと、一日でも長く一緒に生活できるように、歯磨き習慣を大切にしてくださいね。
IMG_6045







ギャラリー
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • 講師特別研修旅行
  • ライブドアブログ